Arth Paulite

Thumbnail for post.

Arth is the Infrastructure Services Manager for APNIC, his role focuses on maintaining high availability and reliability of APNIC critical services and network infrastructure.

Arth started his career in 1993 as a Systems support Engineer in the Philippines while finishing off Computer Engineering degree. IN 1995, he joined Destiny Cable and helped established the first cable internet in the Philippines.

Reverse DNS for IPv4 and IPv6

Thumbnail for post.

Overview

Reverse DNS allows the mapping of a domain name from an IP address. This is achieved by the use of pseudo-domain names under in-addr.arpa (IPv4) and ip6.arpa (IPv6). For all IP address blocks that IANA (the Internet Assigned Numbers Authority) allocates to APNIC, it also delegates corresponding reverse DNS zones within the centrally administered “in-addr.arpa” and “ip6.arpa” domains.

Outline

This course will cover the following topics:

  • What is Reverse DNS?
  • Principles of DNS Tree
  • Creating Reverse Zones
  • Pointer (PTR) Records
  • IPv6 Reverse Lookups
  • Reverse delegation requirements
  • APNIC & ISPs responsibilities
  • Reverse Delegation Procedures
  • Whois domain object

Materials

Dave Phelan

Thumbnail for post.

Dave comes to APNIC having worked in the Australian ISP and MSP community for the last 20 years in roles as diverse as carrier transmission networks, to System Administration, to core, edge and customer networks.  Having built a corporate ISP network from the ground up, he comes with an understanding of traps and pitfalls that most networks have, and do experience. 

Areas of Interest: 

BGP, IPv6, RPKI/ROA, Transmission Networks, Virtualisation, IP Telephony, Network Security, Automation.

Champika Wijayatunga

Thumbnail for post.

Champika is the Technical Engagement Manager for the Asia Pacific region at Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN). Prior to ICANN, Champika held managerial, specialist and liaison roles at the Asia Pacific Network Information Centre (APNIC), the Regional Internet Registry for the Asia Pacific. He started his career with IBM Corporation as a Technical Specialist and later worked in IT industry, academia, research, and training environments. He also serves in various technical community groups and committees.

Operation Models for IXPs

Thumbnail for post.

Overview

This webinar will cover the objectives of peering and benefits of Internet Exchange Points or IXPs and IXP network design and operations as well as operation/business/governance models for IXPs.

Outline

This webinar will cover the following topics:

  • Objectives of Peering and Benefits of IXP
  • IXP Network Design and Operations
  • Operation/Business/Governance Models for IXPs

IPv6アドレス計画

Thumbnail for post.

概要

コースの概要

本コースは 、インフラ、企業、ブロードバンド、データセンターの環境におけるアドレス例の説明などIPv6アドレス計画を取り上げます。またトラフィックシェーピングやルーティングも取り上げます。

コースの概略

本コースでは以下の項目を取り上げます。

  • IPv6アドレスの再キャプチャ
  • アドレス計画
    • ISPインフラ
    • 企業の顧客
    • ブロードバンドの顧客
    • データセンター
  • アドレス計画―トラフィックシェーピング&ルーティング
  • アドレス計画の例

コースの教材

テスト&認定

以下のリンクをクリックして、テストを開始します。

コースのテストを開始

IPv6の概要

Thumbnail for post.

概要

コースの概要

本コースはIPv6プロトコルの概要を提供します。

コースの概略

本コースでは以下の項目を取り上げます。

  • IPv6とは
  • プロトコルの背景
  • IPv6プロトコルを導入する動機
  • 新たな機能改善
  • IPv6拡張ヘッダ
  • プロトコルヘッダの比較
  • IPv6アドレス配布

コースの教材

Sheryl (Shane) Hermoso

Thumbnail for post.

シェリルは、APNICに入る前はネットワークとシステムのアドミニストレータとして様々な任務に就いていました。テクニカルサポートアシスタントとしてキャリアをスタートしながら、フィリピン大学で学んでいました。シェリルはその後コンピュータエンジニアリングの学位を終え、同大学でネットワークエンジニアとして継続して働きました。そこで DILNETネットワークバックボーンと無線インフラを管理していました。

Jessica Wei

Thumbnail for post.

ベイは(ニックネームはジェシカ)、2007年に中国の華中科技大学で電子工学の学位を取得し、卒業後Huawei(ファーウェイ)にネットワークトレーニングオフィサとして入社しました。

その後6年間、Huawei(ファーウェイ)でLAN/WANシステム、ブロードバンドアクセス、IPコアとIPモバイルのバックホールネットワークの技術トレーニングを行い、技術トレーニングコースの設計やIPトレーニングの教材の開発にも取り組みました。中国のHuawei(ファーウェイ)トレーニングセンターで、ベトナム、パプアニューギニア、タイ、パキスタン、バングラデシュなど15か国以上の技術者やアドミニストレータに技術トレーニングを行いました。

トレーニングを行うためにバングラデシュ、ベネズエラ、コロンビア、エジプト、マレーシア、オーストラリア、タイ、インドネシア、シンガポールにも出張していました。

Tashi Phuntsho

Thumbnail for post.

タシは、IPネットワークや送電網の設計、運用および保守の経験があり、10年以上伝送エンジニアやIPコアネットワークエンジニアとして勤務してきました。 彼は、APNICのコミュニティで、ルーティングやスイッチング、ネットワークアーキテクチャ、IXP設計と展開、ネットワークセキュリティ、IPv6の導入、DNSSECなど数多くの技術分野で技術的な補助やトレーニングを行い、能力開発に従事してきました。 タシは、インドの大学で電子電気工学を修め、日本で次世代ネットワークの研究を行い、さらにオーストラリアの大学院でネットワークシステムの研究を行いました。