Using RIPE Atlas for network diagnostics

Thumbnail for post.

Overview

RIPE Atlas is a global, open, distributed Internet measurement platform, consisting of thousands of measurement devices(probes) that measure Internet connectivity in real time. In this webinar, we will introduce the RIPE Atlas project and demonstrate measurements such as traceroute, DNS etc which can provide valuable insight into a network and enable troubleshooting. We will explore running measurements from the Web UI and also from the CLI, and finally share details about how you can host a software probe in your network.

Outline

This course will cover the following topics:

  • What is the RIPE Atlas project and why does it matter
  • Getting started with RIPE Atlas measurements – traceroute, dns etc
  • Demo of measurements from Web UI and CLI
  • Host a RIPE Atlas Software probe 

Course Material

• You have a RIPE NCC Access account (create one here: https://access.ripe.net/registration)
• You have logged in atlas.ripe.net web page

Jessica Wei

Thumbnail for post.

ベイは(ニックネームはジェシカ)、2007年に中国の華中科技大学で電子工学の学位を取得し、卒業後Huawei(ファーウェイ)にネットワークトレーニングオフィサとして入社しました。

その後6年間、Huawei(ファーウェイ)でLAN/WANシステム、ブロードバンドアクセス、IPコアとIPモバイルのバックホールネットワークの技術トレーニングを行い、技術トレーニングコースの設計やIPトレーニングの教材の開発にも取り組みました。中国のHuawei(ファーウェイ)トレーニングセンターで、ベトナム、パプアニューギニア、タイ、パキスタン、バングラデシュなど15か国以上の技術者やアドミニストレータに技術トレーニングを行いました。

トレーニングを行うためにバングラデシュ、ベネズエラ、コロンビア、エジプト、マレーシア、オーストラリア、タイ、インドネシア、シンガポールにも出張していました。

Tashi Phuntsho

Thumbnail for post.

タシは、IPネットワークや送電網の設計、運用および保守の経験があり、10年以上伝送エンジニアやIPコアネットワークエンジニアとして勤務してきました。 彼は、APNICのコミュニティで、ルーティングやスイッチング、ネットワークアーキテクチャ、IXP設計と展開、ネットワークセキュリティ、IPv6の導入、DNSSECなど数多くの技術分野で技術的な補助やトレーニングを行い、能力開発に従事してきました。 タシは、インドの大学で電子電気工学を修め、日本で次世代ネットワークの研究を行い、さらにオーストラリアの大学院でネットワークシステムの研究を行いました。